お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

日本GLP、物流施設に新ブランド「ALFALINK」 第一号は相模原に

ALPHALINKのロゴマーク

 日本GLPは11月25日、物流施設の新ブランド「ALFALINK」をお披露目し、同ブランドの第一号物件として神奈川県相模原市に5棟を「GLP ALFALINK相模原」として開発することを併せて発表した。
同ブランドのコンセプトは、「創造連鎖する物流プラットフォーム」で、ネーミング、ロゴデザイン、空間デザインディレクションはクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が担当した。
 「GLP ALFALINK相模原」は相模原市中央区田名に立地。圏央道の相模原愛川ICから約4キロ、JR相模線「上溝駅」から約2キロ。JR横浜線・京王線「橋本駅」「淵野辺駅」からバスと交通インフラも備えている。
 同施設は、GLP ALFALINK相模原1~5で構成。ここまでの規模は「日本物流史上最大級ではないか」(日本GLP帖佐義之社長)というレベルだ。また、共用施設として「リング」を設ける。これは、レストランやコンビニ、カンファレンスルーム、託児所などを備えるとともに、ペデストリアンデッキで各施設をつなぐことで、歩行者と車両を分離し、快適で安全な移動を可能にする。
 帖佐社長によると、「相模原には既に引き合いがものすごい数来ており、特にEコマース企業、トラックターミナルそして、地元の物流会社からが多い」とのことで、今後中部と関西にも「ALPHALINK」を開発する予定にしている。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています