お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

ドローンとAI技術で工場・倉庫・住宅の損害調査 エアロボティクス

 エアロボティクス(本社・イスラエル)は、東京海上日動火災保険と連携し、ドローン(無人遠隔操作飛行機)で撮影した複数の画像をAI(人工知能)で解析し、損害調査から修理費の算出まで行う取り組みを開始した。当面は企業が所有管理する工場や倉庫などで採用するが、今後、個人の住宅などの被害に対しても同取り組みが応用できるのかを検討していくという。

 従来は損害鑑定人による調査で通常1カ月程度掛かっていた保険金の支払期間を大幅に短縮する。同時並行で調査できるため、広域災害発生時にも対応が可能となる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています