お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

グループ初、中国でオフィス開発事業に参画 三菱地所

 三菱地所は9月11日、中国の杭州市でオフィスを中心とした大規模複合開発事業「奥体万科中心」に参画することを決定し、中国の大手ディベロッパー「万科企業」と合意した。同社グループとして、中国では初のオフィス開発事業となる。
 同事業の計画地は、経済発展の進む同市のターミナル駅・杭州東から約10キロメートルの場所で、敷地面積は約1万4000平方メートル。オフィスと賃貸住宅、ホテル、飲食店舗からなる複合開発で、規模は地上22階・地下2階建て、延べ床面積は約9万5300平方メートル。8月に着工済みで、21年3月末竣工予定となっている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています