登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

建築工事契約書の電子化を全国17支店で試行 大東建託

 大東建託は全国17支店を対象として、電子契約システムによる建築工事請負契約の試行運用を開始した。顧客への説明方法や、契約締結時のインターネット接続環境などを検証する。更に、現在、年間約2万2000件を取り交わす建築工事請負契約書のすべてで電子化を図るため、4月2日からは全228支店に導入を広げたい考えだ。

 電子契約のメリットは、印紙税や切手代、書類保管費用を節約し、受発送の手間を省ける。紙ベースでなくなることから、経年劣化や火災時などの消失リスクを抑え、法令などに対応する長期保管も容易で、BCP対策ともなる。同社はこの利点を踏まえ、賃貸借契約更新同意書(年間約2万6000件)、注文書、領収書(年間約8万7000件)、労働契約書(年間約1万1000件)なども順次電子化していく予定だ。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています