登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

既存住宅アドバイザー講習会、2月4日から開催 首都圏連携など

 北海道既存住宅流通促進協議会(北海道連携)、東北地区中古住宅流通促進協議会(東北連携)、首都圏既存住宅流通促進協議会(首都圏連携)は2月、東日本の5会場で「既存住宅アドバイザー講習会」を開く。
 同講習会は仲介事業者に、物件案内の際に「瑕疵保険の付帯」「耐震基準適合」「フラット35利用」のおおよその可否が判断できるスキルを身に付けてもらうことが目的。受講すると既存住宅アドバイザーとして登録されるほか、専用の調査ツールが3年間無料で利用できる。
 開催日と会場は次の通り。2月4日が埼玉会場(埼玉県宅建会館)、16日が横浜会場(神奈川県不動産会館)、19日が岩手会場(ふれあいランド岩手)、25日が札幌会場(札幌国際ビル会議室)、26日が東京会場(国立オリンピック記念青少年総合センター)。受講料は1万2960円(税込み)。詳細は講習会専用ホームページ(http://www.srenkei.com/class/)まで。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています