お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

消費増税の反動減で予想以上のマイナスに 住団連・景況指数

 住宅生産団体連合会(住団連)はこのほど、10月度(7~9月)の低層住宅に関わる「経営者の住宅景況感調査」を発表した。1年前の9月は、消費増税を控えた駆け込み需要がピークにあったため、前年同期と比べた受注戸数、受注金額は共に大幅なマイナスとなった。
 具体的には、当四半期実績の景況判断指数は前年同期比で、総受注戸数がマイナス81ポイント、総受注金額がマイナス75ポイント。前回調査(7月度)時点の見通し以上にマイナス幅が拡大した。
 当期は、受注が高水準に推移した前年同期の駆け込み需要の反動減が最も数字に表れるため、同連合会では、10%への消費税再増税が予定されていることからも、「マイナス自体は各社想定していたが、予想を上回るマイナスは懸念材料」としている。

 この調査は、同会法人会員の大手住宅会社18社の経営者などを中心に、注文住宅、賃貸住宅、分譲住宅、リフォームの4分野について継続してアンケートを実施している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています