お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

消費増税で「住宅購入早めた」 20代で7割超  FRK調査

 不動産流通経営協会(FRK)がこのほどまとめた2014年度の消費者動向調査によると、消費増税を踏まえて新築住宅の購入時期を早めた購入者が、20代で7割を超えた。 
 2014年4月の消費税率の引き上げが新築住宅の購入に与えた影響に関する設問で、全体では57.3%が「購入時期を早めた」と回答。年齢が若いほど回答率が高く、29歳以下が73.7%(前年比9.4ポイント増)と最も多い。
 調査は首都圏で2013年4月~2014年3月末までの間に、住宅を購入した世帯を対象として実施した。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています