お知らせ
JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験 申込受付中

舛添東京都知事 大丸有を現場視察 戦略特区で

三菱地所の合場専務執行役員から説明を受ける舛添知事。左は杉山博孝社長。右から2番めが木村惠司会長

 東京都の舛添要一知事は5月14日、国家戦略特区構想の実現をにらんで三菱地所が行っている大手町・丸の内・有楽町地区(大丸有地区)の取り組みを視察した。
  舛添知事は、大丸有のまちづくりや丸の内永楽ビル内にある東京都認証保育所、英語対応可能な医療サービスを行っている聖路加メディローカスなどを三菱地所側から説明を受けながら積極的に視察した。
 視察後、舛添知事は報道陣の取材に対し、「大丸有はビジネスの中心地で戦略特区に絶好のポイントだ。また、地元の皆さんが頑張り、エリアマネジメント団体が協議会を作ってしっかり運営していることが分かった。政府に対して出した特区の要求の中で、こうした団体に対し寄付金控除の税制優遇などを与えるよう要望している。とにかく、これからも現場を回り、地元の声を実際に聞いて特区に生かしていく」と国家戦略特区に対する持論を語った。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています