お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

時間・場所を選択できる働き方で「離職率低下させる」が7割

 サービスオフィスや貸し会議室事業を手掛けるリージャスはこのほど、働く場所や時間帯を選択できる仕事の仕方「フレキシブル・ワーキング」について、世界50カ国・2万人のビジネスマンを対象に調査した。その中で、日本のビジネスマンの回答を見ると、66%が「フレキシブル・ワーキングを企業が導入すると、従業員の離職率を低下させる」と回答したことが分かった。また、78%が、類似した分野の仕事であるならばフレキシブル・ワーキングを実践できる仕事場を選択する意向を示した。

 50カ国全体では、「フレキシブル・ワーキングを導入した企業では従業員に対するロイヤリティが向上する」が56%、「フレキシブル・ワーキングを実践できない職場への就職は断っている」が52%といった回答も見られたという。

 同社では、「企業がフレキシブル・ワーキングを導入することは、低コストで実践できる優れた雇用対策の1つ」とコメントしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています