お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

東京・足立区と豊島区で初スマートマンション 新日鉄興和不

 新日鉄興和不動産(東京都港区)が、電力使用量の見える化などを行うスマートマンションの供給に取り組む。第1弾として供給する「ハミングテラス(東京都足立区・総戸数102戸)」と「ハイコート大塚レジデンス(東京都豊島区・総戸数42戸)」がこのほど、経済産業省が行うマンションのスマート化にかかる費用を補助する「スマートマンション導入加速化推進事業」の採択を受けた。今後供給するマンションについても、積極的にスマート化を検討していくという。

 「ハミングテラス」と「ハイコート大塚レジデンス」では、ファミリーネット・ジャパン(東京都渋谷区)が供給するHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)「me-eco(ミエコ)」を採用する。専有部や共用部の見える化を行う。エネルギー消費量について、パソコンや携帯電話で確認ができる。

 加えて、「ハミングテラス」は、割安な高圧電力をマンションで一括購入して、各住戸に電気を供給する高圧一括受電システムを導入する。各住戸の電気代を約5%削減する。一方、「ハイコート大塚レジデンス」は玄関照明の点灯状況などを基に、子供の帰宅状況や高齢者の居住状況を家族に通知する見守りサービスを導入する予定だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています