お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

20年間売電可能、大容量太陽光発電搭載の住宅発売 ミサワホーム

 ミサワホーム(東京都新宿区)は8月23日から、太陽電池容量10kW以上の太陽光発電システムを搭載する「Solar Max(ソーラーマックス)」シリーズを木質系戸建て住宅・賃貸住宅、鉄骨系戸建て住宅の3商品で展開し、沖縄県を除く全国で販売する。

 戸建て住宅では、屋根面積の制約から10年間の余剰買取方式が適用される太陽電池容量10kW未満が主流だったが、20年間の全量買取方式が適用される10kW以上を搭載。変換効率が向上した東芝製の太陽電池モジュールを新規採用し、10kWの搭載に必要な屋根面積を、同社の従来品に比べ約2割小さくした。同社のシミュレーションでは、全量買取方式の場合、月額約3万円、20年間で約750万円の売電収入を得ることも可能という。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
住宅新報 WEBセミナー 4月上旬より開講

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています