お知らせ
不動産仲介士資格認定試験の受験申込受付中

木質構造の大空間、独自構法で新社屋建設 ミサワホーム

 ミサワホームはこのほど、静岡市駿河区のミサワホーム技術研修所跡地に、独自開発構法である「FWS構法」を初めて採用した「ミサワホーム静岡事務所ビル」を竣工した。

 同構法は、独自の木質接着複合パネルを活用した大スパン化や中層化など、木質構造の可能性を広げることを目的に取り組んでいる新構法。ミサワホーム静岡の新社屋として建設した静岡事務所ビルは、高強度の木質接着複合パネルをボックス形状に貼り合わせた中空構造の柱・梁(はり)部材を用いた2方向木質ラーメン構造が評価され、国土交通省の「木のまち整備促進事業」(2011年度)に採択されている。同社では、「今までの木質構造ではほとんど例のない2方向ラーメン構造と最大9.1mの梁による大空間を実現した、延べ床面積2894平方メートル・3階建ての大規模建築物」と話している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています