お知らせ
不動産仲介士資格認定試験の受験申込受付中

住宅ローン減税、転勤後の再適用拡充へ 財務省が方針固める

 財務省は、転勤後に再居住した場合について、残期間の住宅ローン減税の適用がなくなるケースがある現行制度の見直しを行う方針を固めた。11月14日に開催された政府税制調査会で報告があった。
 現行制度では、居住開始年に転勤などで移動し、当該年中に再居住した場合、住宅ローン減税は控除期間(10年)の全期間にわたって適用されない状況となっている。一方、居住開始年に移動しても翌年以降の再居住だと、再居住の年以降は住宅ローン減税の適用が認められている。再居住の時期によって住宅ローン減税に大きな差が生じていることから、前者のケースでも再居住の年(1年目)以降について、控除期間を通じてローン減税の適用を可能にしたものだ。
 2013年度税制改正で措置する予定。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています