日産リーフの蓄電池をマンションで活用 三井不レジ

 三井不動産レジデンシャルは、日産自動車の電気自動車で使った後の蓄電池を、10月下旬から販売開始するマンション「パークタワー東雲」(東京都江東区、総戸数585戸)の定置用蓄電池として活用すると発表した。日産リーフの車載蓄電池4台分(定格容量約96キロワット時)を使う。リユース品を活用することでマンションの蓄電池更新コストを低減する。
 同マンションでは、日産リーフを使ったカーシェアリングや、車載蓄電池から建物内に電力を供給するシステム「V2H」、「EV充電器」も備える。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています