お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

2011年路線価は3.1%下落

 国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2011(平成23)年分路線価(1月1日時点)を発表した。全国約36万地点の標準宅地の平均路線価は、前年比で3.1%下落。都道府県別に見ても、全てで下落した。なお、東日本大震災で相当な被害を受けた地域は、被災状況に応じて路線価を減額する調整率を導入。青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉県の全域と新潟、長野県の一部が対象になる。調整率は現在、検討を進めており、11月までに公表する予定だ。
 都道府県別の変動率は全てで下落したが、31都道府県では下落率が縮小した。特に、東京国税局(千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)の平均では1.8%減。2010年分の5.3%減から大幅に縮小した。26年連続で最高価格地点となった「東京都中央区銀座5丁目銀座中央通り」も、5.2%減(2010年分は25.6%減)に縮小。価格は1平方メートル当たり、2200万円だった。 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています