お知らせ
日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会(日本RSP協会)不動産仲介士®とは

マンションリフォームマネジャー

連載 特集 目指せキャリアアップ!注目の不動産資格2019

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 2020年度の試験日は10月4日(日)。試験内容は学科試験(マンションリフォームに関する専門知識、四者択一50問120分)と設計製図試験(マンションリフォームのプランニング1問180分)がある。

 2019年度より、学科試験または設計製図試験を1科目ずつ受験できる。

 試験対策として参考図書「マンションリフォームマネジメント実務必携」が出版されているほか、マンションリフォーム推進協議会(REPCO)が主催するMRM試験対策講座(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡・8月~9月開講予定)等がある。また、過去の試験問題などもホームページで公開されている。

 分譲マンションのストック戸数の推計値は、2018年末に650万戸を超え、建築後相当の年月を経たマンションが急増し、それらの維持管理が社会的な問題となる一方で、近年中古マンションの市場は需要拡大している。2016年以降、首都圏の中古マンションの成約件数は新築分譲マンションの供給数を4年連続で上回っている。 また、2018年4月より、建物状況調査(インスペクション)の活用等を内容とする宅地建物取引業法の一部改正や「安心R住宅認定制度」による中古住宅の流通が開始され、中古マンションは益々重要視されてきている。

問い合わせ

受験申込書は、7月1日からホームページよりダウンロードが可能。
試験に関するお問い合わせは、住宅リフォーム・紛争処理支援センターまで。
電話 03-3261-4567(代表)

http://mrm.chord.or.jp/landing/
試験対策講座に関するお問い合わせは、下記の団体まで。
ヒップス(ハウジングエージェンシー)
町田ひろ子アカデミー
マンションリフォーム推進協議会(REPCO)

その他のおすすめ資格

 

「目指せキャリアアップ!注目の不動産資格2019」の記事一覧 ≫

最新の連載・特集

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています