総合

災害時情報提供で協定 避難所の混雑可視化 東京都世田谷区

 東京都世田谷区は2月1日、スタートアップ企業のバカン(東京都千代田区、河野剛進代表取締役)と災害時避難施設の情報提供に関する協定を結んだ。バカンが提供するリアルタイム空き情報配信プラットフォームを通じて(続く)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»