マンション・開発・経営 総合 営業・データ 住まい・暮らし・文化 売買仲介

オンライン対談・本人確認のデジタル化を TRUSTDOCK代表取締役・千葉孝浩氏  GOGEN代表取締役CEO・和田浩明氏 電子化で〝安心〟を得られる 新たな顧客体験価値に 

 不動産取引で電子契約の活用が進展している。次なるステップとして、「本人確認」のオンライン化がある。TRUSTDOCK(東京都千代田区)は、本人確認をオンライン化する同社開発のeKYC技術『TRUSTDOCK』を、GOGENが運営する不動産売買特化型の『Release(レリーズ)本人確認』に技術提供した。電子化によってスムーズな不動産取引を実現する。業務の効率化に加え、一般消費者に〝優れた体験価値〟を提供できる。その連携サービスを提供する思いについて、両社の代表者がオンラインで対談した。(文中・敬称略)

この記事は有料記事です。
新規会員登録で1ヶ月間無料でご覧いただけます。
無料会員の方は、有料会員になると続きをご覧いただけます。

新規会員登録 有料会員登録

ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»