総合 営業・データ

住宅・不動産企業の23年3月期中間決算 過去最高続出、中堅は二極化 金利動向、オフィス大量供給に注視

 主な住宅・不動産企業の23年3月期第2四半期決算が出そろった。過去最高の売上高や利益を上げる企業がある一方、減収減益となる企業も散見された。マンション販売は引き続き好調だが、厳しさを増す土地仕入れの関係で供給戸数が少なかった企業は減収要因となった。各社とも先行きは慎重で、通期予想を据え置く企業も目立つ。住宅メーカーは資材高騰の影響があったが、受注単価上昇が奏功した。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»