マンションリフォームマネジャー試験のご案内

8割がオンライン希望 セミナー 電子契約サービス

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 不動産テック企業の、いい生活(東京都港区)と、GMOグローバルサイン・ホールディングス(東京都渋谷区、以下・GMO―GSHD)は、『電子契約スタート前のモヤモヤを解消!』と題して、不動産業務で本格活用されていく電子契約サービスを解説するセミナーを4月に開催し、ウェブで配信した。

 GMO―GSHD電子契約業務部部長の牛島直紀氏は、宅地建物取引業法の改正で電子書面交付が解禁され、「入居者に電子契約による締結の事前承諾を得る。書面の改ざん防止を措置することが重要になる」と強調した。また、同社提供のクラウド型電子契約サービス『電子印鑑GMOサイン』を紹介。「1月に全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)と業務提携した。不動産手続きのデジタル化を支援したい」と説明した。

 基幹システム『ESいい物件One』を提供する、いい生活マーケティング部副部長の佐藤繁行氏は、「GMO―GSHDと共同調査を行ったところ、回答者全体の8割が不動産の賃貸・売買に際して〝オンライン契約〟を希望している」と説明した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています