総合

〝管理の質〟で差別化  登録制度で賃貸新時代へ 小規模事業者の対応カギ

 昨年6月に賃貸住宅管理業法(賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律)が全面施行され、今年から賃貸市場における管理会社の役割が一段と重くなる。競争も本格化するだろう。国土交通省への登録が義務化された管理戸数200戸以上の会社は〝一定レベルクリア〟というお墨付きを得られるが、義務化を免除された小規模事業者はどうなるのか。一方、「管理の質」という観点からは老朽化や空室長期化で収益低下に苦しむオーナーへの提案力も注目される。住宅設備の品不足・価格上昇という問題も浮上しており、〝賃貸管理元年〟ともいわれる今年だが課題が山積している。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»