ハブスポット アプリで 日本企業と連携強化 

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 CRM(顧客関係管理)プラットフォームなどを開発・販売するHubSpot Japan(ハブスポット・ジャパン、東京都千代田区、米国本社)は、同社のCRMプラットフォームと、日本企業が開発するアプリとの公式連携を23年末までに、現在の約3倍にあたる30に増やす計画を3月に明らかにした。

 同社が提供しているCRMプラットフォームと高品質に機能連携できる外部のアプリケーションを審査し、「アプリパートナー」として認定するプログラムを15年から実施している。同プログラムに基づき、20年以降は、クラウド名刺管理サービス『Sansan』や、クラウド会計ソフト『freee』など、日本企業が提供するアプリとの連携開発を進めている。

 これまでに同社が行った調査では、「SMS」(ショートメッセージサービス)や「電子署名ツール」のように顧客対応業務で有用なアプリとの連携ニーズが高い。一方、海外ではすでに活用されている「BI」(ビジネスインテリジェンス)や、データインテグレーションなどの領域は大手企業でニーズが高いが、現状、同社では公式の連携サービスを提供できていない。

 そこで重点戦略の1つとして、『日本におけるHubSpotエコシステムの強化』を掲げた。今後は、特に10の領域で国内アプリとの連携開発に注力する。注力する10領域は、例えば、「クラウド型通話システム」や「ウェブチャット」「日程調整ツール」などを想定している。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています