マンションリフォームマネジャー試験のご案内

大言小語 春風駘蕩

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 メディアもネットもウクライナのニュースばかり。見過ぎると心が病んでしまうので、スポーツに目を転じるとひいきチームは最悪の出だし。春なのに。

 ▼この春、18歳・19歳がこれまでの未成年から成年となり、未成年者取消権が使えなくなった。「スマートフォンやSNS、キャッシュレスに対応できている今の若い世代なら大丈夫だ」という識者もいるが、それと様々な契約を一人で結べる能力は違う。

 ▼我々はネット上で何かに入会したり、契約した場合、規約やプライバシーポリシーなどが表示されるが、果たしてきちんと見ているだろうか。ろくに読まないで「承認します」といったボタンを押していないだろうか。若者は見ると思うだろうか。それと同じだ。アパートの賃貸借契約を結ぶ、保険に加入する、壊れた箇所を修繕する、そうした際の契約書を18歳、19歳がきちんと見るか。これは、相手方である事業者側がしっかり確認しなければならない。

 ▼「相手は成年、大人ですよ。そんな必要ないでしょ」。法律設計を変えたのだから、そう主張するのももっとも。しかし、それによって起きるトラブルの残像は、ずっと若者に残る。それは、事業者側にとってもいいことではない。ただでさえ、数が少なくなっている若者世代。先輩の大人が甘やかすのではなく、しっかりと守ってあげる必要がある。春風駘蕩たる大人(たいじん)として。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています