【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

イトーキ・WHERE 新たな働く環境を提案 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 オフィス家具のイトーキ(東京都中央区)は、IoTセンサーを活用してオフィススタッフの行動を可視化する新サービス『Workers Trail』(ワーカーズトレイル)の提供を11月2日に始めた。IoTソリューションを開発するWHERE(東京都千代田区)が持つIoTセンサーなどの技術に、イトーキの知見や機能の一部を加えてカスタマイズしたアプリケーションとなる。実際にイトーキ本社内に実装して検証を重ねることで、新たな「働く環境」を提案していく。

 新サービスは、オフィススタッフがいつ、どこで活動しているのかを〝見える化〟する。イトーキ本社には約400台のIoTセンサーを設置し、約900人の勤務者のオフィス内での行動履歴を測定している。支給されたスマートフォンを持ち歩くだけで、画面のマップ上で在席状況をリアルタイムに把握できる。氏名や所属で検索が可能で、登録した社員だけを表示することもできる。テレワーク先から事前にオフィス内の座席や会議室などを予約できる「ホテリング」機能も搭載している。今後は、データ分析機能を発展させたサービスとして、導入企業へ改善プランを提示するコンサルティングサービスも提供していく。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています