登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

スタイルポート 4.2億円調達 VR内覧システム開発強化などに

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 分譲マンション事業者などに3D(3次元)コミュニケーションプラットフォーム『ROOV』(ルーブ)を提供しているスタイルポート(東京都渋谷区)は、第三者割当増資で総額4.2億円を10月6日までに資金調達した。同社では、VR(仮想現実)技術を活用した新築マンション販売ソリューションを提供している。調達資金を生かして今後は、戸建て住宅やリフォーム市場のほか、マーケティングや施工管理の場面での活用も訴求する。人材の採用も積極化する。

 スタイルポートは、19年4月にクラウド型VR内覧システムの提供を開始して以降、分譲マンション事業者を中心として累積約70社・270プロジェクトのマンションギャラリーなど向けに同サービスを提供してきた。その間、3DCG(コンピューターグラフィックス)を基軸として、実際に現地を〝歩いている〟かのような臨場感と、商談資料の情報共有機能などを強化させたことで、同サービスを〝販売支援ソリューション〟として発展進化させている。

 今回、増資を引き受けたのは、新規先で、日本郵政キャピタル(東京都千代田区)、ゼンリンフューチャーパートナーズ(東京都千代田区)、Sony Innovation Fund(東京都港区)、三菱UFJキャピタル(東京都中央区)や、従来からの、マーキュリアインベストメント(東京都千代田区)、みずほキャピタル(東京都千代田区)などとなっている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています