GAtechnologies 21年第3四半期決算 初の通期下方修正 

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 GAtechnologies(東京都港区)は、21年10月期第3四半期決算を9月14日に発表した。社長CEOの樋口龍氏は、上場後で初めて通期業績予想を下方修正したことに、主力事業のオンライン不動産サービスRENOSYマーケットプレイス事業で、「取引量が増大して調達価格が高騰した商品が増えて、従前計画よりもマージン(売上総利益)の低い取引が多く発生した結果、EBITDAと営業利益に影響した」と説明した。改善策として、「オンライン不動産取引のマーケットシェアの拡大や新規事業、DX事業で成長に向けた積極的な投資を行う」とし、その狙いは、「規模の拡大によってネットワーク効果を生み出し、事業成長につなげる」ためにあり、今後の事業成長のための先行投資を継続する方針を示した。

 DX事業について、執行役員COO(イタンジ社長)の野口真平氏は、同社システムサービスを導入企業が利用できる「SaaSのサービスは安定成長している。その他のサービスも更なる成長段階に入っている」とし、今後について、「電子入居申込サービスなどの伸長が拡大成長のカギになる」と説明した。

GAtechnologies

決 算 21年10月期第3四半期

売上高 550億円 (38.2%)

営業利益 △2億円 (―%)

経常利益 △5億円 (―%)

当期利益 △6億円 (―%)

予 想 21年10月期通期

売上高 850億円 (34.8%)

営業利益 △4億円 (―%)

経常利益 △9億円 (―%)

当期利益 △13億円 (―%)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています