インフォコーパス 新サービス 街全体で感染対策 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 インフォコーパス(東京都目黒区)は、商業やイベント施設など、街全体の感染症対策をクラウドで管理できるソリューション『スマートシティ感染症対策統合プラットフォーム Sensor Corpus IC(Infection Control)』の提供を10月1日に始める。

 二酸化炭素濃度をセンサーで検知する感染症対策が注目されている。ただ、遠隔地から、複数箇所のセンサーを包括的に一元管理しづらい課題がある。新サービスは飲食店や学校、観光地、商業施設に設置した検知センサーのデータを事業者や管理者が統合的に収集して分析できる。導入した事業者は、その結果に基づき、換気などの注意を施設スタッフや来場者に促せる。

 更には今回の新サービスをプラットフォームとすることで、温度や湿度、騒音などの各種の検知センサーのデータと連携。それらを自治体と共有すれば、最新技術を活用する街全体のスマートシティ化の施策づくりに生かせる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています