登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

積水ハウス スマートホームサービスを開始 専用アプリで直感的に操作、高度なセキュリティも

この記事を読むのに必要な時間:約2分

図面連動型の「わが家リモコン」の画面 家族の機器操作履歴やお知らせ一覧が確認できる
 積水ハウスは8月30日から、スマートホームサービス「プラットフォームハウスタッチ」の販売と運用を開始する。「業界初」の間取り図と連動した専用アプリを通じ、ユーザーはより直感的に各種設備機器の遠隔操作などができること、高度なセキュリティシステムを導入し、情報漏えいの懸念にも対応していることが特徴。当初は新築戸建て向けだが、将来的にはマンションやリフォームへも展開する。

 新サービスは、人生100年時代の幸せの提供を目指す「プラットフォームハウス構想」の第1弾。当初は関東・関西地区のみの展開だが、12月から全国に拡大する。導入コストは50~80万円。初年度に2400棟への導入を計画している。

 対応する設備機器はエアコン、照明、電動シャッター、浴槽の湯張り、床暖房などで、アプリで外出先からでも操作できる。他に、窓・玄関ドアの状態確認・異常状態の通知、火災警報器鳴動の通知、家族の帰宅・外出の通知といったセルフホームセキュリティの機能もある。

 更に温湿度センサーで部屋の状態を可視化、熱中症のアラート通知、家族の機器操作履歴などの一覧確認ができるなどの機能を有している。ユーザーは、間取り図の中に表示されたアイコンにより、視覚的に設備の状況を認識でき操作ができる。

 会見した吉田裕明プラットフォームハウス推進部長は、「(従来の住宅IoTサービスとは異なる)ハウスメーカーならではの経験と発想が生かされた、住まい手のライフスタイルに溶け込みやすいサービス」と語った。現状、対応する設備機器は同社指定品のみだが、今後対応可能な指定品が増えれば、機能の拡張が可能だとしている。

 操作などの情報は、同社が管理するクラウド上で管理し、高度なセキュリティシステム「エッジシステム」を導入。これにより、一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会が定める、スマートホーム分野における「サーティフィケーションマーク★★」を取得している。

 サポートは、カスタマーズセンターオーナーデスクと連携した、サービス専用のコンタクトセンターが担当する。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています