環境変化で多角化が加速 開発企業の新事業参入相次ぐ

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 主に中堅の不動産ディベロッパー企業において、新規事業へ参入する動きが目立っている。目下のコロナ禍をはじめ、近年の事業環境の変化に対応して経営の安定化を図る狙いと見られるが、個々の具体的な事例を追うと、「SDGs」と「DX」、そして「需要の変化」というキーワードが浮かび上がった。(佐藤順真)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
賃貸不動産経営管理士解答速報2021
不動産コンサルティング技能試験解答2021
不動産日記2022
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています