登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

二酸化炭素を吸着 〝木造都市〟機運高まる  「木促法」改正 木材利用促進、一般建築に拡大

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 大規模木造建築物の普及は脱炭素社会を実現するための要素の1つとなる。炭素を固定・貯蔵する特性があり、再生可能な木材を積極的に活用することは、化石燃料の使用量を抑え、二酸化炭素排出削減に寄与するからだ。折しも、今年6月には、脱炭素社会の実現を目的に「公共建築物等木材利用促進法(木促法)」が改正され、公共建築物だけでなく民間の建築物にも積極的に木材を活用する方向性が打ち出された。木造ビルを建築するための耐火部材や技術開発も進む。今、都市の木造化機運が高まっている。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています