総合

アフターコロナの成長を模索 DX・脱炭素が契機、不動産の新価値創造

 DXや脱炭素は、政府がアフターコロナを見据えた重点的に支援する分野としており、住宅・不動産業も無縁ではない。ディベロッパーのオフィスや住まいにデジタル技術が浸透し、仲介現場ではDX化競争の側面も出始める。脱炭素化は、木材利用の幅を広げると共に、不動産テック技術が脱炭素の取り組みを支える。これらの取り組みは、新たな価値を生み出している。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»