Sansan 名刺の入場受付システム 密回避、無人化可能に 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 名刺管理のクラウドサービスやアプリなどを提供するSansan(東京都渋谷区)は、新たな機能として、無人名刺受付システム『Smart受付』を開発した。6月22日に提供を始めている。有人のオフラインでのイベントや展示会場などの場面で、受付の無人化や高速化を図れるようになる。人の待機列や密な状態を解消し、開催運営を効率化させることができる。

 コロナ禍でも、対面による効率的で効果的な訴求の接点を求めている企業は多い。その際に課題なのが、受付担当係と来場者の名刺の受け取りの場面。来場者リストとの照合後の来場者カードの手渡しを含めて、感染拡大防止などの非接触の安全性に不安が残る。今回の無人受付システムではこれら課題を解消する。

 新機能は、同社が提供する法人向けのセミナー管理システム『Sansan Seminar Manager』のオプション機能とした。文字情報をデジタルで読み取れる独自のOCR(光学文字認識)技術を生かした同社の『DSOC OCR』を、受付業務に転用して開発した。

 会場内に設置した専用端末に来場者が名刺をかざせば、名刺情報をスキャンして受け付けが完了する。同システムの利用企業に、専用端末と設置台をセットで提供する。事前登録がなくても受け付けできる機能も搭載している。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています