省エネリノベで シリーズ・SDGs実現に挑む インテリックス・7つの目標実現へ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

「エコキューブ」ロゴ

 中古マンションの買取再販事業でトップクラスのインテリックス(東京都渋谷区、俊成誠司社長)。同社はこのほど中古マンションの省エネルギーリノベーション商品「エコキューブ」を始めると発表した。

 同社は「すべての人にリノベーションで豊かな生活を」をビジョンとして掲げる。SDGsや低炭素社会の実現が話題となる中、住宅の省エネ化に関して日本は欧米諸国と比べてはるかに遅れを取っていると言われている。「既存住宅のリノベーションにおいても省エネ化を進めていくことが使命」(俊成社長)として、重点施策に位置付ける。これにより、SDGsが掲げる17目標のうち、「目標3(すべての人に健康と福祉を)」「目標7(エネルギーをみんなにそしてクリーンに)」など7つを実現していきたいと言う。

 「エコキューブ」は、住宅ごとに温熱計算を行い、その計算に基づいて断熱性や気密性を高める工事、高性能な換気システムや空調を設置することで、住む人の健康、省エネ、経済的メリットを目指す。実際、先行実施した神奈川県横浜市内の物件(70m2)では、リノベーション前後で冷暖房費が74%ダウンする結果が得られた。

 俊成社長は、「(1)省エネの見える化、(2)低コスト化、(3)体感してもらう――の3つをポイントとして進めていく」「この事業はSDGsゴールに貢献していけるものと考えている」と話す。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています