登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

不動産証券化手法で遊休不動産の改修促進 国交省 専門家派遣へ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 国土交通省は7月9日、不動産証券化手法によって遊休不動産の改修事業の実施を検討している事業者および地方自治体に対し、専門家の派遣募集を開始した。遊休不動産の再生・活用を促進し、アフターコロナを見据えた地域課題の解決を図る狙い。専門家 を派遣し、法務、会計、税務面の検討、事業計画の策定等について支援を行う。応募期限は8月9日。

 空き家・空き店舗など全国で増加する遊休不動産。地方創生の実現に向けた再生・活用に加え、新型コロナウイルス感染拡大を受けたテレワークや居住地選択の拡大など、新たな生活様式に対応した用途への改修が求められている。

 今回の専門家等派遣事業では、国土交通省より委託を受けて価値総合研究所が行う。8月下旬に事業者等の選定・通知を行い、事業実施期間は、選定通知の日から22年2月中旬頃を予定している。募集要項など詳細はホームページ(https://www.vmi.co.jp/jpn/consulting/seminar/2021/R3stock-biz.html)を参照のこと。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています