物流施設の統合管理・最適化へ GROUND 初年度は10社にシステム提供

この記事を読むのに必要な時間:約2分

6月15日に記者会見。中央が宮田社長。トラスコ中山の中山哲也社長(左)と直吉本部長
 物流ソリューションを提供しているGROUND(以下グラウンド社、東京都江東区、宮田啓友社長)は8月から、自社開発したAI活用の物流施設統合管理・最適化システム「GWES」の提供を開始する。新システムは物流施設内の作業の進ちょく状況をリアルタイムで把握でき、在庫配置の効率性向上などを促すもの。初年度は約10社への提供を目指す。24年に稼働を予定するトラスコ中山(東京都港区)の物流施設に導入される予定だ。

 6月15日の記者会見で宮田社長は「物流施設ではオペレーションの迅速対応、複雑で高度な判断が求められている。判断業務はAIを使って最適化しつつ、ロボットを使いながらオペレーションの合理化、スピード化を実現する時代になる」と新システムの必要性を説明した。

 新システムはソフトウェア、マテハンやロボットといったハードウェアをシームレスに連携させ、物流施設全体の最適化や可視化を実現するもの。作業の進ちょく状況をリアルタイムで可視化でき、翌日以降の作業量のシミュレーション機能や在庫の可視化機能を持つ。更に、作業効率、保管効率の高い在庫配置の提案や、施設内のレイアウト変更、動線ルールを含む地図情報がデジタル化でき、オペレーションの効率化を促す。

 グラウンド社は新システムのベースとなったAI物流ソフトウェア「DyAS」を新システムに統合すると共に、販売・導入支援・保守サポート体制を再構築する。新システムは初年度で約10社への提供を図り、23年度の売り上げとして20億円の目標を掲げている。

トラスコ中山の施設に導入

 新システムは機械工具卸のトラスコ中山が24年に稼働を予定する物流施設「プラネット愛知」(愛知県北名古屋市)に導入される予定だ。トラスコ中山の直吉秀樹取締役物流本部長は「倉庫内の人員配置計画は従来、人が判断してきた。将来的には仕事量の予測、要員配置の自動化まで(新システムで)対応できれば」と期待を述べた。

 グラウンド社は6月末までにトラスコ中山から第三者割当増資で5億円を調達。資金は物流データの整備、ソフトウェア標準化モデルの研究・開発、営業や販売体制の強化に当てる。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています