登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

大言小語 1年間で何がやれた

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 昔であれば、小学校などの入学式の際に満開となっていた桜が、今年は既に散り始めている。残念ながら、入学式では葉桜が見守ることになるか。しかし、コロナはまだ許さない。再び、感染状況が予断を許さなくなった。

 ▼大阪市など6市に、まん延防止等重点措置が適用された。飲食店への時短営業措置が行え、違反すると過料を課すことができる。ただ、本来は「ステージ3(感染急増)」が適用の目安なのだが、既にステージ4の数値になっている市町村があるのが現状だ。緊急事態宣言の再々発出が必要という声も多い。

 ▼そもそもこうした宣言や措置はなんのために必要なのだろう。一番の目的は感染拡大を食い止めている間に、感染症への対応、治療薬の開発、検査の拡大などで実態の解明につなげることだろう。その意味で、日本はかなり遅れている。対応策として有効なワクチン接種については、3月31日現在で累計で100万回となったが、これは米国の100分の1以下で、遅れているというEUのイタリアの約10分の1だ。

 ▼また、現在猛威を振るう変異株についても、島津製作所がPCR検査時に同時に判定できる設備を開発したが、そもそもの検査数が依然、他国に比べて少ない。1回目の緊急事態宣言発出から1年、いったいこの国は何をやっていたのだろう。国民の自制にしか解がないのなら、存在価値が疑われてもしょうがないだろう。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています