総合

マン活に励む管理組合~良好なコミュニティの秘訣~ 日本ハウズイング【後編(1)】 大阪府吹田市での取り組み 親子参加型イベント開催 資金計画説明会につなぐ

 初めての大規模修繕工事で修繕積立金の大幅な不足が明らかになった大阪府のマンション。資金不足を解消するには、修繕積立金を2.8倍まで引き上げる必要がありますが、組合員の管理・運営への関心も薄く――。そんなマンションの管理担当となった日本ハウズイング(株)関西事業部大阪北支店の坂本さんは、状況を打破すべく、3つのアイデアを打ち出しました。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»