不動産仲介士 21年度第1期試験受付中

感性磨き、商機獲得へ 神奈川宅建女性部会 コロナ禍のリスク対策学ぶ

この記事を読むのに必要な時間:約2分

あいさつする草間会長  リスク対応の重要性を説く佐々木会長

 神奈川県宅地建物取引業協会(草間時彦会長)の女性部会(田尻邦子会長)は12月4日、横浜市の同協会不動産会館で研修会を開き、ウェブ聴講者を含む約100名が参加した。講師に宮城県宅建協会および全国賃貸不動産管理業協会の佐々木正勝会長を招き、「コロナ禍での宅建業者・管理業者のリスクマネジメント」をテーマに、管理現場のトラブルや対策を交えた実践的な内容となった。

 草間会長は全国の宅建協会における女性部会の活動状況を紹介し、「米国の次期政権も有能な女性が多様な視点をもたらすと考え、女性活躍の場づくりを進めている。女性部会は協会活動の担い手であり原動力だ」と述べた。田尻会長は「コロナ禍でのリスク対策を習得し、日常の業務に役立ててほしい」と語った。

 講演では佐々木会長が、コロナ禍における近隣トラブルや賃料滞納者への対応をはじめ、媒介業者が売買契約後に新型コロナに感染した場合の対応策を紹介。東日本大震災で入居者との緊急連絡のため設置した返信専用ポストなど自身の経験を交え、コロナ禍における震災や浸水被害への対応の強化を呼び掛けた。また、心理的瑕疵物件に関する全宅連や全宅管理の取り組みを紹介した。

 佐々木会長は、「プロならではの対応力を提供し、地域のホームドクターとなることが重要。EQすなわち感性、人間性を高める営業姿勢が顧客の信頼につながり、仕事の循環が生まれる」と宅建業・管理業の果たすべき役割を説明。「依頼者、借主に寄り添い、ウィズコロナ時代のピンチをチャンスに変えていける」とエールを送った。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
予約受付中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
予約受付中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています