登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

大言小語 賃貸管理も〝見える化〟

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 賃貸住宅管理業法の一部(サブリース関連)が12月15日施行される。賃貸住宅管理業の登録制度など全面施行は来年6月18日までとされている。法の下での賃貸住宅管理業がいよいよ始まる。賃貸住宅管理業はこれまで宅建業者が兼務するケースが多かったが、今後は管理業が明確に分離・独立した位置づけとなる。

 ▼賃貸住宅も分譲マンション同様に「管理」がその居住性に大きく影響する。管理業法の施行はまさに賃貸住宅管理の〝見える化〟のスタートでもある。管理業者としての登録は管理戸数200戸以上の場合に義務付けられるようだが、200戸未満でも登録すれば、適正な管理が行われていることを入居者にアピールすることができるのではないか。中小業者は管理戸数拡大のチャンスと見るべきだ。

 ▼賃貸住宅はこれまで分譲マンションや戸建て(持ち家)に移るまでの〝仮住まい〟と見られてきた。しかし、これからは賃貸、分譲にかかわらず、そこでの暮らしそのものに焦点が当てられる。コロナ下で人々は自分のライフスタイル、働き方を見つめ直し、それにマッチする住まいを選ぶようになるからだ。

 ▼これまで賃貸住宅の管理は、分譲マンション以上に見えにくかったのではないか。これからは賃貸住宅の住み心地や暮らしに真剣に目を向け、分譲マンションにはない良さや魅力を〝見える化〟できる管理会社が生き残る時代になるだろう。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています