お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

首都圏マンション市場・上期 供給、過去最低に 営業活動自粛で

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 不動産経済研究所の調査によると、20年度上半期(4~9月)に首都圏で供給されたマンションは8851戸(前年同期比26.2%減)で過去最低だった。年度上半期で1万戸を下回るのは73年の調査以来初めて。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令され、約2カ月間、大手を中心に不動産各社が販売活動をほぼ停止していたことが影響した。

 契約率は、70.2%(同5.6ポイント増)だった。販売が見込める住戸に絞って供給していたこともあり、好調の目安である70%を上回った。

 1戸当たりの平均価格は6085万円(同1.3%増)、1m2当たり単価は93.1万円(同3.3%増)で高止まりが続いた。

 なお、9月単月の首都圏マンション供給戸数は2477戸(同5%増)で2カ月ぶりの増加。契約率も73.4%(同16.6ポイント増、前月比4.9ポイント増)となり、需給堅調だった。

近畿圏も29%減に

 近畿圏で20年度上半期(同)に供給されたマンションは前年同期比28.9%減の5881戸だった。首都圏同様、緊急事態宣言中に販売活動を停止していたことが響いた。契約率は71.7%で前年同期比5.3ポイント減。1戸当たりの平均価格は4017万円(同7.1%増)、1m2当たり単価は68.4万円(同0%)だった。

 9月単月の供給戸数は1228戸で前年同期比12.7%減だった。コンパクトタイプの供給が大幅に減少したため。同研究所では、「タワーマンションの売れ行きも順調であり、今月の落ち込みは一時的と見ている」とした。平均契約率は69.2%で前年同期比6.5ポイント減、前月比9.0ポイント減だった。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
受験対策講座2020
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています