お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

物流施設見通しは強気 賃料下落の懸念も 一五不動産情報の調査

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 一五不動産情報サービス(東京都大田区)はこのほど、物流施設の不動産市況に関するアンケート調査を実施し、結果を公表した。同調査は半年ごとに実施。今回の調査対象は不動産の実務家・専門家(物流分野への関与問わず)で、期間は7月21日~31日。有効回答数は81件。

 半年後の不動産価格の見通しでは、「横ばい」が51.8%、「上昇」が45.7%、「下落」が2.5%となった。「横ばい」と「上昇」が5割前後で張り合い、強気な見通しが顕著だ。「下落」は前回調査時(1月)の0.0%から若干の増加を見せた。「下落」の割合は少ないが、その理由では「コロナ禍でデフレに回帰する懸念があるため」が2件あった。

 また、半年後の賃料水準の見通しでは、「横ばい」が56.8%と最多。「上昇」が35.8%、「下落」が7.4%を占めた。「上昇」は前回調査時の48.8%から減少したが、減少を見せたのは17年7月以来のこと。「下落」の回答構成比が増加に転じたのは17年1月以来となる。

 「下落」の理由には「コロナ禍で荷主・物流会社の業績が低迷し、賃料の値下げ圧力が強まるため」の回答が4件あった。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています