組立式間仕切りに透明パネル 三和シヤッター

この記事を読むのに必要な時間:約1分

待合室での設置例

 三和シヤッター工業(東京都板橋区、高山盟司社長)は7月1日から、プラスチック製段ボールを使用した組み立て式間仕切り「ファミプラ」に透明パネルを追加する。密集・密接防止、飛沫(ひまつ)対策を踏まえたもの。病院の待合室、オフィスの打ち合わせスペースなどでの使用を想定する。同商品は組み立てが簡便で、ポスト(支柱)にパネルや補強材を差し込むだけ。アルコール消毒もできる耐水性を持つ。長期の保管も可能だ。

 パネルの高さは1820ミリ。基本ユニットは待合室の場合で幅1860ミリ、奥行き3720ミリとなる。

 参考価格(消費税や取付工事費、搬入費、諸経費など含まず)は待合室モデル(透明パネル10枚、支柱11本)で29万9800円。

 同社は16年から同商品を販売してきた。新型コロナ感染症拡大防止を踏まえ、アクリル製の透明パネルを追加。透明なのでコミュニケーションが取りやすく、用途範囲の拡大を図る。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています