お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

大言小語 どうなる2020

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 2020年がついに幕を開けた。言うまでもなく、東京五輪・パラリンピックの年である。干支は庚子。東洋思想では、新しいことを始めるにはいいと言われている。前回の庚子は1960年。高度経済成長の真っただ中で、池田勇人首相が所得倍増計画をぶち上げたのもこの年だ。ただ、社会全体では、60年安保の年でもあり、大荒れだった。

 ▼今年も不安要素はある。オリンピックの前に、政治では、東京都知事選がある。そして、衆議院選挙も今年中に行われるのではないかという予測があり、場合によっては、都知事選と同日も考えられる。政治情勢が動けば、経済などにも大きく影響があるだろう。

 ▼その経済についても、大きな不安要素となっているのが、消費増税の影響だ。例えば景気動向指数を消費税が5%から8%になった14年4月と昨年の10月を比べると、14年4月の前年比が▲4.8なのに対し、昨年の10月は▲5.6。先日行われた全国スーパーマーケット協会の事業者調査では、消費税率引き上げ後の消費動向について、約4割が「想定より悪い」と回答し、今後の消費回復では、「しばらく回復しない」が6割を超えた。

 ▼正月早々、暗い話をしてお叱りを受けそうだが、COP25での「化石賞」の例を出すまでもなく、世界における日本の評価は低い。筆者の心配が「大山鳴動して鼠一匹」となってくれることを希望する。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています