お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

東急不動産グループ 大学との共同研究を積極化 住宅団地再生、シェアオフィス環境向上 大学の知見を事業に取り込む

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 東急不動産グループは、大学との共同研究による知見を生かした事業展開を積極化する。分譲から数十年が経過した住宅団地の再生に東京大学、東京都市大学、大阪大学が関与する。また、大妻女子大学との共同研究では、シェアオフィスにBGMを流して、利用者が快適に過ごせる環境を調査した。大学が求める研究フィールドを提供することで、最新の研究成果や多様な人材の知見、分析ノウハウをいち早く事業へ反映させる狙いがある。同グループでは、大学の知見活用を今後も拡大する方針だ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています