お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

外国人との共働、本格化の時代 体制整備進める国と建設業界

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 令和の時代は、テクノロジーの進化やライフスタイルの多様化、働き方と暮らし方の変化などが一層進み、住宅・不動産のあり方も更なる進化と深化が求められるだろう。必然的に、各事業者はこれまで以上の企画力を発揮し、時代のニーズを掴んだ商品・サービスを提供することが求められる。ここでは、その不動産企画を具現化する最前線、建設施工現場に大きな影響を与えるであろう新制度として、外国人労働者の受け入れ拡大を目的に創設された「特定技能制度」の現状を紹介する。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています