お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

スマートシティのプラットフォーム構築 東急不動産とソフトバンク 竹芝地区の再開発で 顔認証入館管理やドローン配送などを実装

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 東急不動産とソフトバンクは、「(仮称)竹芝地区開発計画」(東京都港区海岸一丁目)において、協力してスマートシティを構築する。ソフトバンクは、20年度後半に本社を竹芝地区へ移転。ソフトバンクの今井康之副社長は、スマートシティ実現には「データを収集、解析、活用する仕組みが必要」とし、ビル内外でデータを収集し、IoTやAI(人工知能)、ロボットの制御などを行う共通基盤(プラットフォーム)を開発する。東急不動産の岡田正志副社長は「弊社はハードとエリアマネジメント(を担当する)。両社の強みを生かして、最先端のスマートシティを推進する」と述べた。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

管理業務主任者試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています