お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

試金石 「ワーケーション」創造の地 ▶中 森ビルが企画運営、都市と地方を結ぶ 長野県が進める「リゾートテレワーク」 地域課題に取り組む

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 「ワーク」と「バケーション」の造語である「ワーケーション」。言葉は異なるものの、同様の取り組みである「リゾートテレワーク」が長野県で行われている。長野県は、通信環境が整ったリゾート地の快適なオフィス環境で「仕事」をし、周辺の観光スポットで「余暇」を過ごして、仕事と休暇を両立させる「リゾートテレワーク拠点整備事業」を実施。今年1月、都市部のIT企業から5人が参加した1泊2日の体験プログラムを森ビルが企画運営した。今夏は、仕事と余暇に加え、茅野市が抱える地域課題を解決するために意見交換する場を設ける。東京都心での事業展開が中心の森ビルが、地方で「ワーケーション」に取り組む意義は何か。      (桑島良紀)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019
【入場無料】“賃貸管理”からあらたな“顧客を生み出す”セミナー(東京)【アンコール講演】

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています