お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

大言小語 それぞれの働き方改革

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 新元号のことばかりが報道されがちなため、ここは、4月からの改正労働基準法を考えたい。従来も企業には、毎年一定日数の年次有給休暇の付与が求められていた。今後は年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者には、年5日を企業が時季指定して取得させることが義務化された。

 ▼これに喜ぶ、または困る会社員がそれぞれにいるだろう。自身を振り返れば、いくつかの転職を重ねてきたが、どの職場にも、仕事の〝ふり〟だけで会社に残っている人たちがいた。先輩よりも先には帰りづらい、または家庭の不和なのか〝帰宅拒否〟の人、他にも、遅くまで〝頑張っている〟とのパフォーマンスのための人もたくさんいた。

 ▼最近は、何かと、「ハラスメント」をつける風潮がある。「時短ハラスメント」もその一つ。過労死問題で長時間労働を防ぐために帰宅を強要するもの。ただ実態は、自宅に仕事を持ち帰り、表面上の〝働き方改革〟となっている。そもそも、単に号令だけで短時間化できてしまうような仕事とは、それまでどのように遂行していたのだろうか。

 ▼仕事でキャリアアップしたいと願う社員には、年次有給休暇や短時間業務の強制は、逆に困った話にもなる。当然、健康には気を配る必要はある。最重要なことだ。GW10連休に入る。受けとめ方はそれぞれ。この際、個々人としての「働き方改革」を考えるよい機会になるかもしれない。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています