お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

大言小語 もっと女性を

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 新元号「令和」が発表されてからさほど間を置かず、新紙幣が導入されるという話が飛び込んできた。財務省によれば、巧妙化する偽造に対する新技術の導入と技術の承継のためとする。最近すっかり見なくなった二千円札も、その意味合いがあったと。

 ▼ただ、見慣れた顔が代わるのにはいくらか抵抗がある。一万円札の肖像が聖徳太子から福澤諭吉に代わった時もそうだったが、慣れ親しんだ福澤が渋沢栄一になるのも今は違和感がある。そんな話を若い人に言うと、そもそも聖徳太子がお札になっていたことを知らないなどという。調べてみると、福澤諭吉に代わったのは1984年というから35年前。なるほど知らないはずだ。

 ▼ただ、五千円札に津田梅子が登用されるのは、どうだろう。いや、津田梅子がどうというわけではない。現在の五千円札、樋口一葉から津田と、まるでこの枠は女性枠と言わんばかりに切り替えているような気がするのだ。女性活躍を政策の一つの柱としている安倍政権では、女性閣僚や官僚を積極的に登用している。しかし、何かしらの枠を設けてそこで女性を選ぶ。その枠の後任はまた女性で、広がりはない。

 ▼年寄りのひそみや杞憂であればいい。もっと自由に、例えば一万円札に美空ひばり、千円札に女性画家・上村松園を選ぶといった、大胆な発想や複数登場させるといった考えがあってもいい。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています