お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

民泊事業届出関係自治体 9割超で法令外の義務 「手続き煩雑」指摘で実態調査

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 6月15日に施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)について、届け出の数が伸び悩んでいることの一因に、自治体による条例や手続きの厳しい上乗せ措置があるという有識者会議などの指摘を受け、観光庁は全国の自治体に実態調査を実施。11月22日に公表された結果によると、法令の趣旨とは異なる運用や提出書類の上乗せが行われている様子が浮かび上がった。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています